原発市民投票見送り表明 宮崎県串間市長、福島事故受け

福島第一原子力発電所の事故を受けて、宮崎県串間市の野辺修光市長は14日、4月10日に予定していた、原発立地の賛否を問う市民投票を「見送りたい」と市議会全員協議会で表明した。市民投票の実施は、昨年7月の市長選で野辺市長が公約に掲げて返り咲き、県議選との同日実施を目指して準備を進めていた。

http://www.asahi.com/politics/update/0314/SEB201103140001.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする