21世紀の経済論vol.57

平成29年4月17日
19時より

参加無料
http://eco-aya.info/

政治の世界が激震に見舞われています。森友学園問題、豊洲移転問題、などなど。これらに共通して見られるのは「無責任体質」ではないでしょうか。
「忖度(そんたく)」と言う言葉が話題になっていますが、忖度するという「日本的な」心配りは美点のようでもありますが、一方で「責任の非所在」を生み出しているようにも思えます。

安倍総理はよく「何かあれば私が責任をとる」と言われますが、実際に責任をとらなければならないケースが発生するのは、安倍さんが総理をされている間ではありません。その時、一体どうやって責任をお取りになるおつもりなのでしょうか。そのようなことはどうやら安倍さんの想像力の中には無いようです。

豊洲移転問題では元都知事の石原さんが記者会見、百条委員会での証言を行われました。また実際の責任者だったと言われる当時の副知事さんも証言されました。それを見た多くの有権者は、あまりの無責任ぶりにあきれ果てたのでは無いでしょうか。

しかしそのことは、彼ら個人的な資質だけの問題ではありません。例えば株式会社は、潜在的に「責任の非所在」が潜んでいるのです。「資本を増やすこと」が至上目的であり、法人格を持つことによって、或いは法的に保護されることによって社員のみならず投資家もまたその社会的責任をほとんど意識することはありません。
彼らを選挙で選んだのは、他ならぬ私たち自身です。一番問題なのは、私たちの無知なのです。

<出張勉強会、承ります>
綾町から半径40キロ圏内ならば、平日休日昼間夜間問わず、お伺いいたします。(全てのご要望に添えるわけではありません。夜間の場合は、ご相談ください)
それ以上の距離(可能であれば世界中どこでも)も出張いたします。詳しくは、ご相談ください。

お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。 出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。
「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。
ここでの話し合いは、綾だけでなく、あなたの町でも通じることです。
月一回を目安に、定期的に開催しています。お気軽にご参加ください(^_-)

場所:宮崎県東諸県郡綾町入野4815-1 陶房八十一 http://yasoichi.jp/
駐車場は5台可

連絡先:興梠 090-7539-9731 興梠智一(現綾町商工会理事、元綾町商工会青年部部長)
http://yasoichi.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓