根源からお金を問うこと

新しいカテゴリーを設けました。
このタイトルは、「エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代」の副題から取らせていただきました。

現代の社会は、貨幣によって動いています。
しかし、その形態が貨幣が生まれた当初より遥かに複雑なり、人間を奴隷と化しているようにも思えます。
今、お金の存在意義とは何か。
私たちはどうやってつき合っていかなければならないのか。

このカテゴリーではその辺りを考察していこうと思います。

何せ、素人が本を読み読み書いていきますので、ひとりごとの様な、メモ書きの様なものになるかもしれません(^^ゞ
しかし、そのことによってただの焼き物屋である僕と一緒に、皆さんも考えることが出来たらな、と思っています。

ゆっくりと。
しかし確実に。

焦らないけど、猶予もないので(^_-)

↓