21世紀の経済論vol.59

平成29年6月13日(火)19時より

参加無料
http://eco-aya.info/

先日、「共謀罪」が衆議院で可決されました。この事を経済的にみるとどうなるでしょうか。
共謀罪は国際組織犯罪防止条約に加入するため、というのが政府の見解です。ここではその中身の是非については触れません。(個人的には大いに憂慮すべき、と思っています)
テロを未然に防ぐ、おおいに結構。しかしテロがなぜ起きるのかという考察なくして、どうすればいいのかという答えも得られないでしょう。例えるならば、ガン細胞を切ってしまえばいい、初期のうちに消してしまえばいい、という対処療法ではなく、誰の体にも存在しているガン細胞が何をきっかけに増殖を始めるのか、それは免疫系の不全にある、その原因は何か、ガンを治そうとするならばまずは免疫系の健康を取り戻すことだ、という発想こそ根本治療ではないでしょうか。

冷戦が終わったにもかかわらず各地で耐えないテロを含む紛争には、経済問題が深く絡んでいます。そこには宗教の問題もまた、横糸と縦糸の関係として問題を複雑にしています。
北朝鮮のミサイル問題にしても、放っておいていいとは言いませんが、ではミサイルを心配するならばなぜ原発を止めないのか、理解に苦しみます。理由が有るとすれば、原発には当たらない、想定外としているのか、そもそもミサイルの心配などしていないかのどちらかです。どちらにしても馬鹿げています。心配していないならば、どうして政府もマスコミも大騒ぎするのでしょうか。
お金を増やすことの思考で地球は回っている、という視点に立てばその意味が見えてきますし、つまらないプロバガンダに踊らされることもなくなるのです。

<出張勉強会、承ります>
綾町から半径40キロ圏内ならば、平日休日昼間夜間問わず、お伺いいたします。(全てのご要望に添えるわけではありません。夜間の場合は、ご相談ください)
それ以上の距離(可能であれば世界中どこでも)も出張いたします。詳しくは、ご相談ください。

お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。 出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。
「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。
ここでの話し合いは、綾だけでなく、あなたの町でも通じることです。
月一回を目安に、定期的に開催しています。お気軽にご参加ください(^_-)

場所:宮崎県東諸県郡綾町入野4815-1 陶房八十一 http://yasoichi.jp/
駐車場は5台可

連絡先:興梠 090-7539-9731 興梠智一(現綾町商工会理事、元綾町商工会青年部部長)
http://yasoichi.jp/

↓