21世紀の経済論vol.29

平成27年2月9日(月)19時より

参加・体験無料

いろんな視点を持つこと

 僕は旅が好きで、昔からよく自転車や登山、ある時はカヌーなど、基本人力で、交通機関をその補助として、国内外いろんな場所に出かけてきました。
 それは単純に移動することが好き、だということもありますが、様々な価値観に触れて多角的な視点を持つことが自分の人生において、とても大切なことなんだと気づく、だけでなく腑に落とすプロセスなんだな、と思っています。

 僕のお金の話も、その旅の延長にあります。「お金とは何なのか」という疑問から始まり、世間一般のお金を捉える姿から一歩ひいてみて、別の角度から眺めてみるとまったく違う姿が浮かび上がってきます。
 そしてその「別の顔」こそが、現代の社会のあらゆる問題の根底に潜んでいるものだ、と気づきます。

 社会を動かしているのは、政治ではありません。現代社会で政治を動かしているのは、経済です。

 そして、その経済を動かしているのは、私たちの消費活動です。

 その事を考えずして、これからの未来はないのではないでしょうか。

 今、イスラム国の話題をニュースで聞かない日はありません。このことも、決して私たちの日々の生活とは関係ないものではありませんし、私たちが普段何気無く使っているお金に結びついているのです。

 お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。
 出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。
 「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。ここでの話し合いは、綾だけでなく、あなたの町でも通じることです。
 月一回を目安に、定期的に開催しています。お気軽にご参加ください(^_-)

場所:綾町宮原 陶房八十一
宮崎県東諸県郡綾町入野4815-1
http://yasoichi.jp
TEL&FAX 0985-77-1291
駐車は5台まで可能です。

連絡先:興梠 090-7539-9731 
興梠智一(現綾町商工会理事、元綾町商工会青年部部長)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓