21世紀の経済論vol.77

令和元年8月28日19時より

お金の常識とは一体何なのか?
資本主義は終焉を迎えるのか?
来る未来の世界の経済とは?
シロウトがシロウトゆえに専門家の「常識」や「前提」に疑問を抱き、自ら深く切り込んで考察した「21世紀の経済論」。

 私たちが普段何気なく使っているお金。それが一体何なのか、あなたは考えたことがありますか?
 お金と私たちの日々の生活は、切っても切れないものです。お金は私たちを幸福にもし、また不幸にもします。お金のせいではない、と頭で分かっていても私たちはお金に振り回されてしまいます。
 どうしてそうなってしまうのでしょうか?
 この勉強会では、私たちが無条件に受け入れている世の中の「常識」や「前提」を疑ってみた結果見えてきた、お金の話が書かれています。それはノーベル賞学者やテレビの経済の評論家、専門家が絶対に言わないことです。なぜなら、ノーベル賞や学界、テレビ自体がその「常識」「前提」のもとにあるからです。
 どうしてお金の問題を追及する必要あるのか?それは現在の社会にある様々な問題の根底に、「お金」が複雑に絡んでいるからです。世界中の少なくない人々が、これまでのやり方ではこれからの未来は上手くやっていけないと気付き始めていますが、ではどうすればいいのか、誰にも分かっていないからです。分からないのならば、前提を疑ってみるべきなのです

 この勉強会はできるだけ多くの人に参加していただきたい。なぜなら世の中の不安を少しでも減らしたいと思うからです。お金の問題を解決するだけで全てが上手く回るとまでは言いませんが、ほとんどの問題が解決される、あるいはその糸口が見つかると思います。そのことが私自身の幸せにつながると考えています。
 私が皆さんに訴えたいことは、実にシンプルなことです。ほんとうに単純な事実です。ところが真実が簡単であればあるほど、人々はそれを素直に受け入れることができないようです。私の話を聞いて怒り出す人すらいるのですから。
 また、いわゆる「陰謀論」にとりつかれ世界の将来を悲観している方々にも是非参加していただきたい。なぜなら陰謀とは私たちにかけられた「お金の呪い」だからです。この勉強会でその呪いを解く方法をお示ししたいと思います。そして「不景気」の世に生を受けた若者たちにも、今後の指標を示すことができると期待しています。

 お金を増やしたい人、どうやったら楽にお金持ちになれるかを考えている人には劇薬です。劇薬ですが、良薬口に苦し、なのです。

<出張勉強会、承ります>
綾町から半径40キロ圏内ならば、平日休日昼間夜間問わず、お伺いいたします。(全てのご要望に添えるわけではありません。夜間の場合は、ご相談ください)
それ以上の距離(可能であれば世界中どこでも)も出張いたします。詳しくは、ご相談ください。

お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。 出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。
「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。
ここでの話し合いは、綾だけでなく、あなたの町でも通じることです。
月一回を目安に、定期的に開催しています。お気軽にご参加ください(^_-)

場所:宮崎県東諸県郡綾町入野4815-1 陶房八十一 http://yasoichi.jp
駐車場は5台可

連絡先:興梠 090-7539-9731 興梠智一(前綾町商工会理事、元綾町商工会青年部部長)
http://yasoichi.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする