「金利」の恩恵と弊害

僕はお金のメリットだけを説いて人やお金を集める人を信用しません。なぜなら、デメリットを一緒に教えなければフェアじゃないからです。
しかし、経済学者や評論家でさえ、デメリットに触れる人は決して多くはありません。それは、彼らが「そもそも知らない」のか、「知ってはいるがあえて触れようとしていない」のかどちらかです。どちらであっても、社会に取ってあまりよろしくないことです。

現在流通している「お金=通貨」には「金利」が付いています。
「金利」があるがゆえに、お金は時間と共に増えて行きます。
ですから、私たちは財産を殖やすためにより金利が高い金融機関やより条件の良い金融商品に「お金」を預け(投資)ます。

自分の財産が自動的に殖えることを嫌がる人は居ないでしょう。これは「金利」のメリットと言えます。

ではデメリットは何でしょうか?

「お金」は本来取引の道具にしか過ぎません。経済をお金の流れで考える人が居ますが、それはお金が取引の道具であるからその動きを見ればいい、という発想からきています。
しかし実際には違います。
「通貨」は「中央銀行(日本の場合は日銀)」が発行し市中銀行へと流れますが、市中銀行では「信用創造」が働き実際の紙幣の量より多い「マネー」が生み出されます。(信用創造についての説明はここでは省きます)
それだけではなく、株や為替などの金融市場では「お金」自体が商品となり取引されています。「お金」によって「マネー」が生み出されているのです。

ちょっと待ってください。本来「道具」でありそれ自体は「タダの紙切れ」、いやもはや「数字」にしか過ぎないのに、どうしてそれが「商品」になり得るのでしょうか?

こういったことが日常のこととして私たちの世界では起こっており、それを私たちは深く考えること無く受け入れているのが現状です。

ここで言いたいのは、「実体経済(実際の物が取引されている様子)」と「貨幣経済(お金の流れ)」の立場が逆転している、ということです。
「物(骨董品や美術品などは例外として)」は時間と共にその価値は減少して行きます。つまり食べ物は腐りますし、金属は錆びたり摩耗して行きます。
ところが「お金」は「金利」によって増えて行きます。だから私たちは「物」よりも「お金」の方が価値があるものと「勘違いしてしまう」のです。

それで社会が上手く回ればいいのですが、そんなことは不可能だ、と言うことはちょっと考えれば分かるはずです。
話が単純なだけに意外と大人ほど理解できないものです。

デメリットはこれだけではありません。

「金利」は私たちの「預金」だけに付く訳ではありません。
「中央銀行券(日本ならば円ですね)」は例えば日銀が発行する時に「公定歩合」という金利が付いた状態で発行されます。
これは現在の世界の基軸通貨であるドルでも同じです。
これは何を意味しているのでしょうか?
これは「社会全体でその金利を将来中央銀行に払わなければならない」ということです。
要するに借金、ですね。
(紙幣の発行を独占している)中央銀行が社会に対して仮に「100万円」発行したとしましょう。そのときの公定歩合が5%だったとすると、社会は105万円を返さなければならない訳ですが、紙幣は100枚しか無い訳ですから偽金でも刷らない限り不可能です。
原理的にはそうなのですが、信用創造が働き、新しい紙幣の投入によって上手く「回っているように見えている」わけです。
しかし、原理は変わりません。
言い方を変えれば、借金を返せている人が居ると言うことは、同時に返せない人が生まれていると言うことです。ここに社会の「競争と格差が生み出されている原因」があります。
社会や世界が成長できる余地がある間は、それは有利に働くでしょう。しかし、それはいつまでも続く訳ではありません。

とはいっても、将来に不安があれば私たちはそれに備えて預金しますし、それが増えるに越したことは無い、と考えます。
その結果、どうなるでしょうか。

現在の日本の人口動態はピラミッド型から「逆さにひっくり返したひょうたん」型に移行しています。
つまり最も人口の多い世代が退職し、最も消費活動が活発であるべき世代が減少しており、今後その傾向はさらに増す、と言うことです。

当然、高齢者は消費活動もさほど活発ではないですし、むしろ将来に対して積極的に預金します。
消費活動が減少すればそれは「不景気」となり、私たちの多くが将来の不安のために預金を増やせば、貨幣の流通量は減り物価の低下へと働きます。これが「デフレ」です。
その結果は、働く世代と親の世代との所得格差となって現れます。親と同じことをしても、同じ結果は得られない、そのためにさらに預金あるいは投資へと「お金」は向かうことになります。

また、小泉・竹中政権時代からの積極的なグローバリゼーションへの参加に寄って、「1億総中流社会」と言われた日本でも極端な経済格差が進みました。
でも、いくら大金持ちでも個人で使うお金って、限界がありますよね?そこでもお金の「滞留」が起きることになります。

人々が貯め込んで使わないから不景気でありデフレになるのだ、ならば強制的に貨幣の流通量を増やせば良い、もっとお金を刷ればいいという発想が「アベノミクス」です。消費税含め様々な「増税」です。

さて、ここで思い出してください。
「お金」は、生まれたときから借金でしたね?
ということは、「アベノミクス」は借金を増やしている、ということです。そしてその借金は「永遠に返済できないもの」です。

永遠に続く経済成長などあり得ません。
物質は有限ですし、日本が成長すると言うことは、別の国が貧しくなると言うことと同じことであり、テロを含む国際紛争の元凶となります。

さて私たちの預金は実際にはどうなっているのでしょうか?
実は、私たちの預金や年金が(私たちの意思に関係なく)日本の国債を買い支えているのです。
自分たちの使っていないお金が社会のために使われているんならいいじゃないか、それで自分のお金も増えればいいじゃないかと思われるでしょうが、そう話はウマくないものです。

現在の日本の借金は、実にGDPのおよそ2倍もあります。月に10万円の収入しかないのに、20万円の出費を続けているわけです。
もちろん、この借金にも「金利」が付いて回ります。

これが今世界中が陥っている「借金地獄」です。
これがアメリカのデフォルト騒ぎの根本原因です。
「金利=増えるお金」がそれです。
それに捉われる私たちの「際限のない欲望」が問題なのです。

では、私たちは座してその運命を受け入れなければならないのでしょうか?

そんなことは決してありません。
日本は不景気が長らく続いていて生活が苦しい、と感じる人が多いと思いますが、しかし現在の日本にある「物」は何か不足していますか?
そんなことはないずです。食料だって「捨てるほど」ありますし、水も空気も(原発事故の心配があるものの)、世界的に観れば恵まれている方です。
贅沢を言い出せばきりがありません。
経済をお金の流れだけで考えるから、おかしくなるのです。

経済とは「必要とされているものが必要としている人の元へ届く」ことです。
そのことをしっかりと認識して、私たちはお金とつき合う必要があります。

お金が無いと何も出来ない精神状態から脱却しましょう。
そのために知恵を働かせましょう。
そのために人との信用信頼を創り上げましょう。
そのために助け合いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓