映画「チェルノブイリハート」上映会

待ちに待った【チェルノブイリハート・宮崎上映】
事故から25年経ってもまだ終わらない・・・汚染地域の85%の新生児に何らかの障害が。
被曝被害のドキュメンタリー。我々日本
人も決して他人事ではなくなった。
福島の未来がここに、ある。
これを繰り返さないために、我々に何ができるのか。

平成23年11月24日(木)

11:00~宮崎県延岡市@野口記念館

http://www.kanko-miyazaki.jp/sys/search/detail.php?id=3247

『チェルノブイリ・ハート』+短編映画『ホワイト・ホース』

の2作品同時上映会です!

料金は500円(大学生以下無料!)昼13:00~・夜上映18:30~

場所/ 野口記念館

お問い合わせ/ のべおかん管理人廣瀬賢一郎 携帯080-3907-4476

メール/ nobeokan2000@yahoo.co

チケットあります!!
お気軽にお電話メールなどでご連絡ください。

http://www.youtube.com/watch?v=BJ7GDIyRR5Y

映画 「チェルノブイリ・ハート」 公式サイト
http://www.gocinema.jp/c-heart/

『チェルノブイリ・ハート』(原題:Chernobyl Heart)は、2003年に制作されたドキュメンタリー映画である。監督はマリアン・デレオ。この映画は、2004年にアカデミー短編ドキュメンタリー映画賞を受賞した[1]。また2006年4月28日には国連総会で放映されている[2]。
監督のデレオは、CCPI(Chernobyl Children's Project International)を設立したアイルランド人のアディ・ロシュと共にウクライナとベラルーシを訪れ、これらの国におけるチェルノブイリ原子力発電所事故による子どもたちの健康への影響をフィルムに収めた。この地域では多くの子どもたちが、生まれつき「チェルノブイリ・ハート(Chernobyl Heart)」と呼ばれる未知の心臓疾患や放射線障害に苦しんでいた。なお、デレオは2008年にもチェルノブイリ原発事故に関連した短編映画『ホワイト・ホース』(原題:White Horse)を制作している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88

平成23年12月3日(土)

18:00~宮崎@天空カフェジール

http://www.tenku-zeal.com/

平成23年12月7日(水)

18:00~小林@小林市中央公民館

平成23年12月10日(土)

時間未定~日向@流木民

映画「チェルノブイリ・ハート」公式サイト
http://www.gocinema.jp/c-heart/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓