21世紀の経済論vol.71

平成31年1月16日(水)

19時より

kindle版「21世紀の経済論」出版しました。
http://amzn.to/2wiFzad
過去に勉強会に出席された方にも、新たな発見がある内容となっています。

http://eco-aya.info/

年末から年始にかけて、株価が乱高下しています。米アップル株の不振が原因、だと言われています。
たしかにそうなのでしょう。しかし、ちょっと前とは違い、株価が2万円台に高止まりしていても、私たちの普段の生活にそれが好影響を与えているという実感はありません。
なぜでしょうか?
まず考えられるのが、日銀と年金による史上例を見ない買支えです。それは「神の見えざる手」ではけっしてなく、無謀と言える株価操作です。それはアベノミクスの一環であり、好況感の過剰な演出です。その結果、実体経済とかけ離れた株価となっています。市場の空気、つまり私たちの「景気」とはかけ離れたところで株価が推移しています。そしてそこにまた多くのお金が流れ込んでいます。それぞれが、それぞれのお金を増やすためだけに。
はて?そこに一体何の意味があるのでしょうか?われわれが直面している地球温暖化、少子高齢化、格差の拡大にどのように、どれほど役立っているのでしょうか?少し立ち止まって考えてみると、誰でもそのバカバカしさに気づくはずです。

つまり、「不景気」の原因はそこにはない、ということです。麻生さんが言うようには、我々の気分は上向かない、ということです。

<出張勉強会、承ります>
綾町から半径40キロ圏内ならば、平日休日昼間夜間問わず、お伺いいたします。(全てのご要望に添えるわけではありません。夜間の場合は、ご相談ください)
それ以上の距離(可能であれば世界中どこでも)も出張いたします。詳しくは、ご相談ください。

お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。 出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。
「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。
ここでの話し合いは、綾だけでなく、あなたの町でも通じることです。
月一回を目安に、定期的に開催しています。お気軽にご参加ください(^_-)

場所:宮崎県東諸県郡綾町入野4815-1 陶房八十一 http://yasoichi.jp
駐車場は5台可

連絡先:興梠 090-7539-9731 興梠智一(前綾町商工会理事、元綾町商工会青年部部長)
http://yasoichi.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする