21世紀の経済論vol.51

平成28年10月10日(月)19時より

参加無料
http://eco-aya.info/

なぜ今お金の話なのか?
世の中を動かしているのは政治ではありません。
政治は、経済によって動いています。
本来、行政、司法、立法は経済原則ではなく「国民の幸福のため」に存在しているはずです。しかし、現実にはそれらは全て「経済(お金を増やすこと)のために」動いています。それは少しだけ注意深く観察していれば、誰にでも分かることです。意外と現場にいる人たち自身がそのことに気付いていないのかもしれません。

どうしてそうなってしまうのでしょうか?
簡単に言えば「それを国民が望んでいるから」です。経済原則で動くことに、国民が暗黙のうちに了解しているからです。経済原則で動くことが、自分たちの幸福につながると信じているからです。
間違いではありません。ただし、経済とお金の動きとは決してイコールの話ではありません。経済原則とは、お金を増やすことではないのです。
経済とは必要とされているモノが必要としているヒトのもとへつつがなく届けられること。社会の中を私たちの「思い(エネルギー)」が様々な形となって循環される様です
お金はそれをスムーズに運ぶための道具にしか過ぎません

お金自体は、私たちのエネルギーではありません。勘違いしてはいけません。

ところがいつの間にかお金の方が「主」になってしまっている。
そうなってしまうカラクリがあるのです。そこに気づき、腑に落とさない限り、「国民の幸福」は決して手にすることはできないでしょう。

<出張勉強会、承ります>
綾町から半径40キロ圏内ならば、平日休日昼間夜間問わず、お伺いいたします。(全てのご要望に添えるわけではありません。夜間の場合は、ご相談ください)
それ以上の距離(可能であれば世界中どこでも)も出張いたします。詳しくは、ご相談ください。

お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。 出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。
「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。
ここでの話し合いは、綾だけでなく、あなたの町でも通じることです。
月一回を目安に、定期的に開催しています。お気軽にご参加ください(^_-)

場所:宮崎県東諸県郡綾町入野4815-1 陶房八十一 http://yasoichi.jp/
駐車場は5台可
連絡先:興梠 090-7539-9731 興梠智一(現綾町商工会理事、元綾町商工会青年部部長)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓