21世紀の経済論vol.41

21世紀の経済論vol.41

平成28年1月10日(日)10時より

参加無料

2016年最初の勉強会は鹿児島県出水市です。

アメリカFRBが7年ぶりの利上げを発表しました。
「金利政策をようやく正常に戻した」のだそうです。
お金は生まれた時からの借金ですから、この利上げによって社会に対する金融ストレスが更に大きくなる、ということを意味します。
そろそろ私たちは、この「政策金利」の存在自体がおかしい、ということに気づくべきです。
では、それに対して何もなす術もないのでしょうか?
いえいえ、そんなことはないのですよ(^_-)

個人のお宅で行いますので、詳しい場所は個別にお伝えいたします。

<出張勉強会、承ります>
綾町から半径40キロ圏内ならば、平日休日昼間夜間問わず、お伺いいたします。(全てのご要望に添えるわけではありません。夜間の場合は、ご相談ください)
それ以上の距離(可能であれば世界中どこでも)も出張いたします。詳しくは、ご相談ください。

お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。 出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。
 「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。
ここでの話し合いは、綾だけでなく、あなたの町でも通じることです。
 月一回を目安に、定期的に開催しています。お気軽にご参加ください(^_-)

場所:鹿児島県出水市下水流鶴坂邸
(参加希望の方には別途ご案内します)
連絡先:興梠 090-7539-9731 興梠智一(現綾町商工会理事、元綾町商工会青年部部長)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓